2015年3月27日

3/27/2015

はじめに



私は沢山のアルバイト経験をして来ましたが、その中でもやって良かったなと思えるアルバイトの中からひとつご紹介をしたいとおもいます。

皆さんはリゾートバイトというのをご存知でしょうか?一度は聞いたことがあるフレーズですよね。
リゾートバイトとは、年間を通してシーズン真っ只中の期間だけ、リゾート地で主に住み込みでアルバイトをすることです。

リゾートバイトには沢山のメリットがありますので、今回の記事ではリゾバについて詳しくご説明したいとおもいます。

スポンサーリンク

リゾートバイトQ&A

Q.リゾートバイトには何がある?
A.代表的なリゾートバイトはホテル、旅館、温泉、ペンション、スキー場、農牧、高原野菜などです。

Q.寮費・食費・光熱費は無料?
A.リゾートバイトの場合、職種・ジャンル問わず基本的には全て無料の所が圧倒的に多いかとおもわれます。

Q.寮は一人部屋?
A.基本的には完全個室の一人部屋ですが相部屋のケースもあります。
電話で問い合わせれば一人部屋かどうか教えてくれますので必ず聞いて確認をしましょう。

Q.面接はどこでするの?
A.派遣登録の場合は派遣会社で面接がある場合と、面接はなしで履歴書を郵送だけで良い場合があります。
派遣会社を通さないで直接求人のアルバイト先へ電話する場合は、履歴書を郵送するだけで面接はなしというケースが圧倒的に多いです。

Q.交通費はかかる?
A.現地へ行くまでの交通費は実費です。 但し、派遣先から紹介してもらった場合は期間満了時に実費でかかった交通費を全額負担してもらえて却ってくることもあるそうです。
派遣登録でなくても、求人誌に交通費全額負担と書いてあれば期間満了時に給料と一緒に支給されます。

Q.休日はある?
A.求人誌等では月に4日〜8日の休日有りと書いている所も多々有りますが、実際は休日がない場合のが多いです。
理由は短期間でのアルバイト、そしてシーズン真っ只中で最盛期、休日を定期的に取れるリゾートバイトはあまりないかとおもわれます。

Q.友達同士で一緒に働ける?
A.リゾートバイトは空きさえ有れば友達同士でも一緒に応募ができて働けます。
しかし友達同士だと一緒に辞められたら大きな痛手となるので、大量募集をしてる求人以外は実際問題は難しいかもしれません。

Q.年齢制限はある?
A.18歳以上(高校生除く)であれば男女問わず働けます。
リゾートホテルは圧倒的に大学生や若い20代の人が多いようです。温泉やスキー場、農業系は年齢も幅広いようです。

Q.出発時にお金はどのくらい有れば足りる?
A.最低限、往復の交通費とおやつや飲み物など軽食を買うお小遣い程度があれば足ります。
具体的には、交通費以外に一万円〜二万円有れば十分です。

Q.給料は振込み?
A.基本的には振込みが多いです。
特にリゾートホテルやスキー場はほぼ振込みです。また、派遣先のリゾートバイトは職種に関わらず100%振込みと言っていいでしょう。
逆に給料を手渡しするリゾートバイトもあります。例えば、株式会社でなく個人経営している所は手渡しのが多いと聞きます。旅館、ペンション、農業関係がそれに値します。

Q.期間の延長はできる?
A.これはよくあるそうです。
期間満了が近づくと経営者の方からもう少し延長できない?と言われことがあるそうです。
期間の延長はシーズンオフの有る職種以外なら融通が利くかとおもいます。

リゾバのメリットとは?

リゾバ(リゾートバイト)で短期アルバイトする場合の最大のメリットをご紹介します。リゾバならではの魅力に溢れた高待遇です。

①.リゾバは短期間(一ヶ月〜三ヶ月)でまとまったお金(20万円〜60万円)を貯金できる。

②.リゾバは基本的に時給が高い。仕事内容にもよりますが、目安としては時給1,000円〜が多いです。

③.リゾバは住み込み(寮費無料がほとんど)の為県外どこからでも応募し働くことができる。

④.リゾバは種類豊富で自分に合った職種を選べる。

⑤.リゾバは朝昼晩と三食付き(無料)がほとんどの為、手持ちのお金が無くても心配ない。

⑥.リゾバは年齢、性別、学歴、職業経験問わず空きさえ有れば誰でも採用してもらえる。

⑦.リゾバは交渉次第では一部日払い、完全日払いも対応可能な所もある。

※必ず聞いておきたい事は電話で確認することを忘れずにしましょう。

リゾバ求人の探し方

リゾートバイトの一番効率が良い探し方をご存知でしょうか?
実はリゾートバイトは派遣登録して探すより、直接求人を見て「直に応募」したほうが効率も良く採用までの流れもスムーズなんです。

派遣会社の場合、まず派遣会社に面接をして登録しますよね。これだけでもひと手間です。
そして派遣登録が終わると次はいよいよ仕事探しになります。派遣先に希望の仕事(リゾートバイトならリゾートバイト)を伝え派遣側からのコンタクトを待つことになります。

しかし派遣会社には沢山の人が登録しておりこれだけでも倍率が上がります。
人気の職種は履歴書等を考慮し、若い人へ優先的に回されたりとなかなか仕事にたどり着くことができない場合もあります。

そこでおすすめするのが「Indeed」という求人サイトです。
・公式ホームページ
http://jp.indeed.com/

Indeedはあらゆる仕事がまとめて検索できる完全無料の求人情報サイトです。

Indeedの良い所は、他の大手求人情報サイトと違いハローワークの求人もまとめて検索されます。
検索機能も大変優れており、働きたい地名と職種のキーワードを入力するだけで一括でまとめてあらゆる求人情報から検索できます。
ハローワークの求人はもちろん、大手求人情報誌の求人までまとめて検索結果に表示されます。

もちろんリゾートバイトの求人もIndeedなら沢山あります。
例えば長野県のリゾート地、軽井沢でリゾートバイトをしたいとおもったら、検索したい地名の所に軽井沢と入力して、職種の所に「リゾート」や「短期」と入力すれば地方ならではの求人が沢山見れます。これは本当に便利ですね。

もちろん求人からそのまま直接電話応募もできますし、煩わしい派遣登録といったことも必要のない良質な求人が沢山あります。

実際にどんな感じで検索されるのか実際の画像を用いて説明します。



これがiPhone端末で見た場合のトップ画面です。



このように検索ワードと地名を入力します。



検索結果が表示されます。
検索結果は「新着のみ」と「全て」からを簡単に切り替えできてとても便利です。



一度検索したワードと地名は最近の検索履歴として最大10件まで保存されます。
新着の求人が出た場合、右横に赤字で新着何件と表示してくれるのでとても便利。

リゾートバイトに限らず、今自分が住んでいる地域の地名を入力して、気になる職種やワード(日払い、オープニング、短期、温泉、旅館、住み込み)等で検索してみて下さい。
この求人サイトは本当に便利で一番おすすめする求人サイトです。

リゾートバイト体験談

実は私も大学生の頃に夏休みを利用して長野県の軽井沢でリゾートバイトをしたことがあります。

目的はやはり短期間でお金を貯めたいということ。私は夏休みを利用し、引越し資金を貯めたかったのでリゾートバイトをやりました。

私は八月に軽井沢でペンションの客室清掃の仕事を一ヶ月間やったのですが本当に良い経験になりましたよ。
軽井沢という町並みも本当に素敵で、心なしか東京と比べ人も優しい。
ペンションのオーナーのお母さんとお父さんが本当に優しい人でしたね。
元々は東京で暮らしていたそうで、夢だったペンション経営の為、軽井沢に引越して来たそうです。
夏休み中だった為、夫婦のお孫さんもお盆期間だけ手伝いに来てました。

給料も高待遇で、一ヶ月間休みなしでしたが、皆勤手当てで46,000円を給料に上乗せしてもらえました。時給換算すると1,500円です。ちなみに給料は手渡しでした。

全部で12室のオシャレなコテージが芝一面の敷地内にあるのですが、オーナー夫婦と私とその他二人のアルバイトさんで仕事を分担。

大敵は暑さだけで、仕事に関してはそれ程疲れませんでした。
仕事中も飲食が自由にできたので水分補給もできるし、布団を洗濯したり乾燥機にかけてる間は休憩してるようなもの。

各作業分担の仕事が終わった段階で一日の仕事は終わりなので、必然と早く終わらそうと必死になるので作業も日に日に慣れて早くなります。

私がやったリゾートバイトは環境、人にも恵まれ当たりでしたが、やはりハズレも少なからずあるようです。
あくまでも個人的な見解ですが、温泉旅館と農業系はあまり良い体験談を聞きません。
温泉旅館は人間関係で精神的に疲れると聞きます。農業関係は体力的に相当ハードだと聞きます。

仕事選びも重要ですので、前以てある程度のリサーチはしたほうが無難です。
体力に自信のない人は農業系は避ける、接客に自信のない人は清掃系で探すなどすると良いかとおもいます。

まとめ

リゾートバイトは、普通のアルバイトではなかなか経験できないことも沢山経験できます。
知らない土地で仕事をするのは不安な面もあるかとおもいますが、僅か一ヶ月や二ヶ月の期間です。
やり終えた後の達成感、短期間でまとまったお金を得られる喜び、その土地ならではの人との出会いやふれあい。

機会があれば是非リゾートバイトを体験してみてはどうでしょうか。
個人的にはリゾートホテルやペンションがおすすめです。

スポンサーリンク

0 コメント:

コメントを投稿