2015年8月13日

8/13/2015

機種スペック



名称:CRヱヴァンゲリヲン10
導入日:2015年9月7日(月)
タイプ:マックス確変機
メーカー:SANKYO/ビスティ
大当たり確率:1/394.8
高確率:1/39.5
小当り:1/394.8(ヘソ)
賞球数:3&1&10&14
カウント数:9C
ラウンド数:2R or 4R or 8R or 16R
確変突入率:83%
確変継続率:79.3%(実質出玉有り)
時短回数:20回 or 40回 or 60回
備考1:潜伏確変有り
備考2:筐体はSANKYO枠の「フォーチュン」使用

スポンサーリンク

大当たり出玉

16R:約1,872個
  8R:約936個
  4R:約468個

大当たり内訳

ヘソ入賞時(特図1)
16R確変(実質4R・電サポ次回):48%
  4R確変(電サポ次回):25%
  4R確変(出玉無し・初回潜伏):10%
  4R通常(時短60回):2%
  4R通常(時短40回):10%
  4R通常(時短20回):5%

電チュー入賞時(特図2)
16R確変(電サポ次回):50%
  8R確変(電サポ次回):8%
  4R確変(電サポ次回):14%
  2R確変(出玉無し・電サポ次回):11%
  2R通常(出玉無し・時短60回):2%
  2R通常(出玉無し・時短40回):10%
  2R通常(出玉無し・時短20回):5%

出玉有り平均連チャン数

4.84回

初当たり一回の平均出玉

6,219個

大当たり一回の平均出玉

1,285個

時短引き戻し確率

8.8%

初当たり平均総ラウンド数

53.2R

トータル確率

1/81.6(総合)
1/118.8(16Rメインラウンド)
1/7.4(1Rあたり)

ボーダーライン

・500回転時のボーダーライン
玉数/千円:貸232玉 貸240玉 貸250玉
4.0円交換:15.6 15.8 16.0
3.7円交換:16.4 16.6 16.8
3.3円交換:17.5 17.8 18.0
3.0円交換:18.7 18.9 19.2
2.5円交換:20.9 21.2 21.6
※上記出玉で削り無しの場合

・1500回転時のボーダーライン
玉数/千円:貸232玉 貸240玉 貸250玉
4.0円交換:15.4 15.7 16.0
3.7円交換:16.0 16.3 16.7
3.3円交換:16.9 17.2 17.5
3.0円交換:17.7 18.0 18.4
2.5円交換:19.3 19.7 20.1
※上記出玉で削り無しの場合

・貯玉使用時のボーダーライン
玉数/千円:貸232玉 貸240玉 貸250玉
4.0円交換:15.3 15.6 16.0
3.7円交換:15.7 16.1 16.5
3.3円交換:16.3 16.7 17.1
3.0円交換:16.9 17.3 17.8
2.5円交換:18.0 18.4 18.9
※上記出玉で削り無しの場合

潜伏確変・セグ判別方法

・警戒態勢モード
通常時に警報図柄停止で突入する可能性がある「潜伏確変or通常」のモード。

警戒態勢モード突入時は盤面左下のラウンド数表示ランプを見る。
4Rのラウンド数表示ランプが点灯で潜伏確変確定。点灯しなければ小当り(ハズレ)となる。

朝一ランプ



上記画像の円で囲ってる箇所が点灯で朝一潜伏確変の可能性大。

台選びに役立つ釘読みポイント



・こぼしポイント
緑色の矢印と緑色の線の幅は、玉が「無駄玉」となるこぼしポイント箇所。

ゲージ(釘配列)は普通です。
「無駄玉」となるこぼしポイントの幅(緑色の線の幅)が狭い台、或いはノーマル調整の台選びをしましょう。

・ワープ周り
水色で囲っている釘が「ワープ周り」で大事な釘ポイント。
矢印の方向に釘が調整されるとプラス調整となる。真逆の方向に釘が調整されるとマイナス調整となるので気をつけましょう。

・バラ釘
赤色で囲っている釘が「バラ釘」で大事な釘ポイント。
矢印の方向に釘が調整されるとプラス調整となる。真逆の方向に釘が調整されるとマイナス調整となるので気をつけましょう。

・風車と寄り釘(ハカマ)
青色で囲っている釘が回転率に影響する重要な釘となる風車と寄り釘。
矢印の方向に釘が調整されるとプラス調整となる。真逆の方向に釘が調整されるとマイナス調整となるので気をつけましょう。

風車の傾きと風車上の左右二本の寄り釘(ハカマ)はパチンコCRエヴァンゲリオン10において最重要となる釘です。
ノーマル調整、或いは少しでもプラス調整の台選びをしましょう。



・スルー周り
黄色で囲っている釘が「スルー周り」で大事な釘ポイント。
矢印の方向に釘が調整されるとプラス調整となる。真逆の方向に釘が調整されるとマイナス調整となるので気をつけましょう。

最適なストローク



・最適な通常時のストローク
CRエヴァンゲリオン10は左盤面のゲージ(釘配列)上、強め打ちのストロークでも、弱め打ち(チョロ打ち)のストロークでも、直接的なこぼしポイントに絡むような悪影響は特にありません。

通常時のストローク(打ち方)はピンク色の円で囲ってる辺りを狙いましょう。
SANKYO、ビスティ系のパチンコ機種は、基本強め打ちのが良い傾向になる事があります。

オーバー入賞狙い

①.アタッカーに6個入賞したら打ち出しを止める。
②.玉が8個入賞するまで単発打ち。
③.9発目を弱めに打ち出した直後、10発目をハンドル右に全開で1発打つ。
④.以後、①〜③を大当たりラウンド数分繰り返す。
玉の増減:5回成功で約+55個(16R時)

止め打ち(捻り打ち)のやり方

・簡易止め打ち(難易度:レベル1)
①.電チューが閉まると同時に4発打ち出す。
②.以後、簡易止め打ち手順①を繰り返す。
玉の増減:現状維持程度

本機は電チュー賞球数1個返しの為、止め打ち(捻り打ち)による玉増え効果は期待できません。

ゲームフロー

・通常ステージ
1.序・碇ステージ
2.Qステージ
通常背景は全16パターン。

・特殊ステージ
1.ミサトの部屋
2.水族館

・通常時モード
通常時は予告の出現バランスを3タイプから選択可能。
1.シンプルモード
2.アクティブモード
3.プレミアアップモード

・警報図柄停止
警報図柄停止時は以下の二通りの可能性がある。

1.起動チャレンジボーナス
4R大当たりの起動チャレンジボーナスは起動成功で「バトルモード」突入。
起動失敗で「発進準備モード」突入。

2.警戒態勢モード
警戒態勢モードは警報図柄停止で突入する可能性がある「潜伏確変or通常」のモード。

・発進準備モード
時短(20回or40回or60回)or確変のモード。
61回転以上継続で確変確定。

・ヤシマ作戦モード
時短後は必ず突入(15回転)
ヤシマ作戦モードは通常状態確定。

・図柄揃い大当たり
図柄揃い大当たりは「4R+バトルモード突入」確定。

・バトルモード
電サポ有りの確変モード。
バトルモードは全5種類のモードから選択可能。
1.初号機エントリーバトル
2.初号機エントリーバトル(シンプルVer)
3.インパクトバトル零号機
4.インパクトバトル2号機
5.インパクトバトル8号機α

全バトル共通で対戦する使徒で勝利期待度が変化。
第6使徒>第3使徒>第4使徒>第9使徒>第10使徒

バトルモード中は「XXX」図柄が揃えば16R大当たり確定。
バトル敗北で「発進準備モード」突入。

・四大BiBiっとポイント
1.レイ背景
2.次回予告
3.金カットイン
4.覚醒ゾーン

・パワパチ
携帯連動機能の「パワパチ」に登録すると以下のサービスを受けられる。
1.遊技結果の記録
2.シークレット情報観覧
3.ミッションへの挑戦
4.デジタルコンテンツの獲得

登録方法は公式サイト「パワパチ」またはスマホ用アプリ「パワコミ」から可能です。

釘考察



パチンコ「CRヱヴァンゲリヲン10」がSANKYO/ビスティより新台としての登場です。

・釘考察
CRエヴァンゲリオン10はこれまでのエヴァシリーズより全体的なゲージ(釘配列)は甘くなっています。
盤面の釘の総本数も必要最低限に抑えられていて、上記に書いたポイントとなる釘をしっかり見れば釘読みはそれ程難しくはありません。

エヴァ10の釘読みワンポイントは、
液晶が大きくなったのでその分風車からヘソまでの距離が若干長くなったように感じます。
そして道釘の角度は緩やかな道となっており玉に勢いが付きにくい。
その為、一番ポイントとなるのは「玉の勢い」です。

玉の勢いに影響を与える主な釘は、風車上の寄り釘風車道釘
風車と風車上の寄り釘は台選びに役立つ釘読みポイントを参考にして下さい。
プラス調整、ノーマル調整であればこれらによる玉の失速は基本ありません。

道釘は、基本的には上げ調整下げ調整ノーマル調整の3パターンがあります。

極端な上げ調整は、玉に躍動感がなくなりコロコロと道を伝う感じでマイナス調整となります。
下げ調整は玉に躍動感が出てプラス調整となります。玉が道釘で元気よく跳ねてればノーマル調整、或いはプラス調整と見て良いでしょう。

道釘の見方は真っ正面から見るより、ヘソ側の横から覗き込むように見ると見やすいです。
道釘は割かし見づらい釘ですので、見慣れない内は玉の躍動感で判断するようにしましょう。

スポンサーリンク

0 コメント:

コメントを投稿