2015年9月2日

9/02/2015

機種スペック



名称:CR J-RUSH3 HSJ
導入日:2015年10月19日(月)
タイプ:ミドル確変機
メーカー:ジェイビー
大当たり確率:1/289.9
高確率:1/34.9
小当り:1/100
賞球数:3&10&13
カウント数:8C
ラウンド数:4R or 15R
確変突入率:72.3%
確変継続率:75.3%(実質出玉有り)
電サポ回数:88回 or 89回
備考:潜伏確変有り

スポンサーリンク

大当たり出玉

15R:約1,440個
  4R:約384個

大当たり内訳

ヘソ入賞時(特図1)
15R確変:51.5%
  4R確変(出玉無し・電サポ無し):20.8%
15R通常:12.85%
  4R通常(出玉無し・時短無し):14.85%

電チュー入賞時(特図2)
15R確変:51.5%
  4R確変:20.8%
15R通常:12.85%
  4R通常:14.85%

出玉有り平均連チャン数

4.04回

初当たり一回の平均出玉

4,676個

大当たり一回の平均出玉

1,157個

時短引き戻し確率

26.2%

初当たり平均総ラウンド数

48.7R

トータル確率

1/84.2(総合)
1/104.8(15Rメインラウンド)
1/7.0(1Rあたり)

ボーダーライン

・500回転時のボーダーライン
玉数/千円:貸232玉 貸240玉 貸250玉
4.0円交換:16.0 16.3 16.5
3.7円交換:16.8 17.0 17.3
3.3円交換:17.9 18.1 18.4
3.0円交換:18.9 19.2 19.6
2.5円交換:21.0 21.4 21.8
※上記出玉で削り無しの場合

・1500回転時のボーダーライン
玉数/千円:貸232玉 貸240玉 貸250玉
4.0円交換:15.9 16.2 16.5
3.7円交換:16.4 16.8 17.1
3.3円交換:17.3 17.6 18.0
3.0円交換:18.1 18.4 18.9
2.5円交換:19.6 20.0 20.5
※上記出玉で削り無しの場合

・貯玉使用時のボーダーライン
玉数/千円:貸232玉 貸240玉 貸250玉
4.0円交換:15.7 16.1 16.5
3.7円交換:16.2 16.6 17.0
3.3円交換:16.8 17.2 17.7
3.0円交換:17.4 17.8 18.3
2.5円交換:18.5 19.0 19.5
※上記出玉で削り無しの場合

機種スペック

名称:CR J-RUSH3 RSJ
導入日:2015年10月19日(月)
タイプ:ライトミドル確変機
メーカー:ジェイビー
大当たり確率:1/199.8
高確率:1/28.9
小当り:1/100
賞球数:3&10&13
カウント数:8C
ラウンド数:4R or 14R
確変突入率:72.3%
確変継続率:72.0%(実質出玉有り)
電サポ回数:33回 or 34回
備考:潜伏確変有り

大当たり出玉

14R:約1,344個
  4R:約384個

大当たり内訳

ヘソ入賞時(特図1)
14R確変:39.6%
  4R確変:10.9%
  4R確変(出玉無し・電サポ無し):21.8%
14R通常:14.85%
  4R通常:7.9%
  4R通常(出玉無し・時短無し):4.95%

電チュー入賞時(特図2)
14R確変:39.6%
  4R確変:32.7%
14R通常:14.85%
  4R通常:12.85%

出玉有り平均連チャン数

3.58回

初当たり一回の平均出玉

3,561個

大当たり一回の平均出玉

996個

時短引き戻し確率

15.3%

初当たり平均総ラウンド数

37.1R

トータル確率

1/58.8(総合)
1/79.3(14Rメインラウンド)
1/5.7(1Rあたり)

ボーダーライン

・500回転時のボーダーライン
玉数/千円:貸232玉 貸240玉 貸250玉
4.0円交換:16.1 16.3 16.6
3.7円交換:16.7 17.0 17.3
3.3円交換:17.7 18.0 18.4
3.0円交換:18.7 19.0 19.4
2.5円交換:20.6 20.9 21.4
※上記出玉で削り無しの場合

・1500回転時のボーダーライン
玉数/千円:貸232玉 貸240玉 貸250玉
4.0円交換:15.9 16.3 16.6
3.7円交換:16.5 16.8 17.2
3.3円交換:17.2 17.6 18.0
3.0円交換:18.0 18.4 18.8
2.5円交換:19.4 19.8 20.3
※上記出玉で削り無しの場合

・貯玉使用時のボーダーライン
玉数/千円:貸232玉 貸240玉 貸250玉
4.0円交換:15.8 16.2 16.6
3.7円交換:16.3 16.7 17.1
3.3円交換:16.9 17.3 17.8
3.0円交換:17.5 17.9 18.4
2.5円交換:18.7 19.1 19.6
※上記出玉で削り無しの場合

潜伏確変・セグ判別方法



・ターゲットモード
通常時に全ての7セグが青で停止すると突入する「4R確変(潜伏確変)or4R通常(出玉無し)or小当り」のチャンスモード。

ターゲットモードは約20回転継続。
突入時に開放する盤面左下の「CHANCEアタッカー」に玉を入賞させると、盤面右側のサイドランプの色が変化し潜伏確変期待度を示唆。

期待度:青<緑<赤<虹色

ターゲットモード突入時(CHANCEアタッカー開放)は盤面右下のラウンド数表示ランプを見る。
4Rのラウンド数表示ランプが点灯で4R潜伏確変or4R通常確定。点灯しなければ小当り(ハズレ)となる。
※4R確変と4R通常はターゲットモード突入時にセグパターンでの判別が必要となる。

・チャンスタイム終了後
チャンスタイム(右打ち時)終了後は、確変状態であっても電サポは規定回数で終了する為、大当たりラウンド中のセグパターンでの判別が必要となる。

チャンスタイム(電サポ)が以下の回転数まで継続すれば確変状態確定。

HSJ/89回転
RSJ/34回転

・潜伏確変補足
本機は通常、電サポ作動時問わず、次回大当たりまで電サポが継続する確変大当たりはなく、チャンスタイムは確変状態でも必ず規定回数で終了となる。

・通常大当たりセグ一覧
①②③④点灯
①②③⑤⑥⑦⑧点灯
①②④⑤⑥⑦点灯
①②⑤⑥⑦点灯
①③④⑤⑥点灯
①③⑤⑥点灯
①③⑤⑦⑧点灯
①④⑤⑦点灯
①④⑤⑦⑧点灯
①⑤⑦点灯
①⑤⑧点灯
②③④⑤点灯
②③④⑤⑧点灯
②③⑤点灯
②③⑤⑦点灯
②③⑥⑦⑧点灯
②④⑥⑦点灯
②④⑥⑦⑧点灯
②⑥⑦点灯
②⑥⑧点灯
③④⑥点灯
③④⑥⑧点灯
③⑥点灯
③⑦⑧点灯
④⑦点灯
④⑦⑧点灯
点灯
点灯

※上記の番号点灯で通常大当たり、それ以外の番号点灯で確変大当たり。
※通常セグは全28個でHSJ/RSJ共通。
※ヘソ、電チュー入賞時のセグランプ点灯場所は上記画像を参照。
水色の①〜⑧がヘソ入賞時のセグ点灯場所。その右側の8個のランプが電チュー入賞時のセグ点灯場所で、番号の順番はヘソ入賞時と一緒で左から①〜⑧。

朝一ランプ



上記画像の緑色の円で囲ってる箇所が点灯で朝一潜伏確変の可能性大。

台選びに役立つ釘読みポイント



・こぼしポイント
緑色の矢印と緑色の線の幅は、玉が「無駄玉」となるこぼしポイント箇所。

ゲージ(釘配列)はやや甘いです。
「無駄玉」となるこぼしポイントの幅(緑色の線の幅)が狭い台、或いはノーマル調整の台選びをしましょう。

・ワープ周り
本機はワープ非搭載。

・バラ釘
本機の「バラ釘」で回転率に影響を与える大事な釘ポイントは特になし。

・風車と寄り釘(ハカマ)
青色で囲っている釘が回転率に影響する重要な釘となる風車と寄り釘。
矢印の方向に釘が調整されるとプラス調整となる。真逆の方向に釘が調整されるとマイナス調整となるので気をつけましょう。

風車の傾きと風車上の左右二本の寄り釘(ハカマ)はパチンコCR J-RUSH3において最重要となる釘です。
ノーマル調整、或いは少しでもプラス調整の台選びをしましょう。



・スルー周り
黄色で囲っている釘が左の「スルー周り」で大事な釘ポイント。
矢印の方向に釘が調整されるとプラス調整となる。真逆の方向に釘が調整されるとマイナス調整となるので気をつけましょう。



・アタッカー周り
オレンジ色で囲っている釘とオレンジ色の線の幅が「アタッカー周り」で大事な釘ポイント。 オレンジ色で囲っている釘は、矢印の方向に釘が調整されるとプラス調整となる。真逆の方向に釘が調整されるとマイナス調整となるので気をつけましょう。

オレンジ色の線の幅は、この幅が「ハの字」に広がってるとマイナス調整となる。この幅が狭い台、或いはノーマル調整の台選びをしましょう。



・電チュー周り
ピンク色で囲っている釘とピンク色の線の幅が「電チュー周り」で大事な釘ポイント。
ピンク色で囲っている釘は、矢印の方向に釘が調整されるとプラス調整となる。真逆の方向に釘が調整されるとマイナス調整となるので気をつけましょう。

ピンク色の線の幅は、この幅が「ハの字」に広がってるとマイナス調整となる。この幅が狭い台、或いはノーマル調整の台選びをしましょう。

大当たり中の打ち方

①.アタッカーに6個入賞したら打ち出しを止める。
②.以後、①を大当たりラウンド数分繰り返す。
※本機は捻り打ち・ワンツー打法でのオーバー入賞狙いは効果なし。

通常の打ち方で消化してもオーバー入賞はしやすいです。
但し、大当たり中のラウンド間が割と長い為、ラウンド間のインターバルではしっかり止め打ちをして無駄打ちを無くすように努めましょう。

ラウンド中は玉が6個入賞した時打ち出しを止めると、8個程度入賞します。
この辺は要微調整で5個入賞で止める、7個入賞で止める等、アタッカー周りの釘調整と兼ね合わせ変えてみて下さい。

また、大当たり中もスルー保留を貯める事ができる。
スルー保留が貯まってない場合は、大当たり最終ラウンド+αだけは打ちっ放しで消化するのも有効的です。

止め打ち(捻り打ち)のやり方

・電チュー開放パターン
M・M・M・M(4回開放1セット)
M=ミドル開放

・2個打ち(難易度:レベル2)
①.1回目の電チューが開いたら1拍置いて2発打ち出す。
②.2回目の電チューが開いたら1拍置いて2発打ち出す。
③.3回目の電チューが開いたら1拍置いて2発打ち出す。
④.4回目の電チューが閉じると同時に2発打ち出す。
⑤.以後、2発打ち手順①〜④を繰り返す。
玉の増減:約+0.5個/1回転

ゲームフロー

・遊技解説
STEP①
盤面中央のスタートチャッカーに玉が入賞すると7セグが変動し、図柄が揃えば大当たり。

STEP②
ラウンド抽選演出で盤面下部のルーレットランプでラウンド数を告知。
【HSJ】
BIG BONUS:15R
SMALL:4R

【RSJ】
BIG BONUS:14R
SMALL:4R

STEP③
大当たり中は盤面右下の電チュー型のアタッカー開放により右打ちで出玉を獲得。

STEP④
大当たり終了後はチャンスタイムへ突入し、右打ちを継続。
電サポ回数は2種類有り電サポは規定回数で終了。確変の場合は以後潜伏確変状態となる。
【HSJ】
88回or89回
【RSJ】
33回or34回

釘考察

パチンコ「CR J-RUSH3」がジェイビーより新台として2スペック同時の登場です。

・釘考察
本機は全体的にゲージ(釘配列)は甘いです。そしてJ-RUSH3は通常時の時間効率が非常に良い。

その為、回転率に影響を与える、風車、風車上の左右二本の寄り釘、こぼしポイントの各釘のマイナス調整を避ける台選びをする事が一番重要。

電サポ中は電チュー周りの釘が玉を沢山増やす上で重要となる。
ノーマル調整以上であれば玉の寄付きは良く、1回転あたり0.5個以上の玉増えに期待できそうです。

但し、電サポ回数がミドルで88回or89回、ライトミドルで33回or34個と少なく電サポ比率はそれ程良くありません。

電サポを抜けて潜伏確変になる事も多いかと思うので、それを加味した上で、回転率を特に重視した台選びが一番最善かと思われます。

スポンサーリンク

0 コメント:

コメントを投稿