2015年10月13日

10/13/2015

機種スペック



名称:CRパッションモンスターASJ
導入日:2015年12月7日(月)
タイプ:甘デジ確変機
メーカー:ジェイビー
大当たり確率:1/89.9
高確率:1/9.0
小当り:なし
賞球数:3&10&12
カウント数:8C
ラウンド数:2R or 8R
確変突入率:50.5%
確変継続率:64.6%(実質出玉有り)
時短回数:30回
備考:潜伏確変なし

スポンサーリンク

大当たり出玉

  8R:約704個
  2R:約176個

大当たり内訳

ヘソ入賞時(特図1)
  8R確変(電サポ次回):50.5%
  2R通常(時短30回):49.5%

電チュー入賞時(特図2)
  8R確変(電サポ次回):50.5%
  2R通常(時短30回):49.5%

出玉有り平均連チャン数

2.83回

初当たり一回の平均出玉

1,251個

大当たり一回の平均出玉

443個

時短引き戻し確率

28.5%

初当たり平均総ラウンド数

14.2R

トータル確率

1/49.2(総合)
1/78.3(8Rメインラウンド)
1/9.8(1Rあたり)

ボーダーライン

・4円(内税)貯玉未使用
回転数:500回 1500回 3000回
4.00円:18.0 18.0 18.0
3.57円:18.9 18.8 18.8
3.33円:19.5 19.3 19.3
3.00円:20.5 20.1 20.0
2.50円:22.2 21.6 21.4
※上記出玉で削り無しの場合

・4円(内税)貯玉上限2500個
回転数:500回 1500回 3000回
4.00円:18.0 18.0 18.0
3.57円:18.8 18.7 18.7
3.33円:19.3 19.2 19.2
3.00円:20.0 19.9 19.9
2.50円:21.4 21.3 21.2
※上記出玉で削り無しの場合

・4円(内税)貯玉手数料無制限
回転数:無制限
4.00円:18.0
3.57円:18.7
3.33円:19.2
3.00円:19.9
2.50円:21.2
※上記出玉で削り無しの場合

・4円(外税4.32円)貯玉未使用
回転数:500回 1500回 3000回
4.32円:16.6 16.6 16.6
4.00円:17.2 17.2 17.1
3.57円:18.2 17.9 17.9
3.33円:18.7 18.4 18.4
3.00円:19.6 19.2 19.1
2.50円:21.2 20.5 20.4
※上記出玉で削り無しの場合

・4円(外税4.32円)貯玉上限2500個
回転数:500回 1500回 3000回
4.32円:16.6 16.6 16.6
4.00円:17.1 17.1 17.1
3.57円:17.9 17.8 17.8
3.33円:18.4 18.3 18.3
3.00円:19.0 19.0 18.9
2.50円:20.3 20.2 20.2
※上記出玉で削り無しの場合

・4円(外税4.32円)貯玉手数料無制限
回転数:無制限
4.32円:16.6
4.00円:17.1
3.57円:17.8
3.33円:18.3
3.00円:18.9
2.50円:20.2
※上記出玉で削り無しの場合

台選びに役立つ釘読みポイント



本機は通常のゲージ(釘配列)とは異なりヘソ、風車、ワープは存在しません。
ヘソの代わりが「START電チュー」になります。
また、ゲージ(釘配列)はやや辛めとなっています。



・スルー周り
黄色で囲っている釘が「スルー周り」で重要な釘ポイント。
矢印の方向に釘が調整されるとプラス調整となる。真逆の方向に釘が調整されるとマイナス調整となるので気をつけましょう。
また、「黄色の線の幅」も大事な釘ポイントです。この幅が狭い台、或いはノーマル調整の台選びをしましょう。

スルー周りの釘はパチンコCRパッションモンスター(甘デジ)において最重要となる釘です。
ノーマル調整、或いは少しでもプラス調整の台選びをしましょう。

・注意事項
CRパッションモンスターの場合、スルー周りの釘がある意味ヘソ釘のようなものなので、スルー周りの釘が閉められたら当然回転率は落ちます

※釘配列(ゲージ)はマックスタイプ、ライトミドルタイプと同じです。

通常時の打ち方(技術介入)

・通常時の打ち方
①.スルー(GO)に玉が向かったら打ち出しを止める。
②.START電チューが閉まったら打ち出し開始。

とても面倒ですが、この繰り返しで効果はそれなりにあります。
玉がスルーを通過してから打ち出しを止めると、START電チューが閉まった時スルー上部に玉が残ってしまうので遅いです。

たまにある通常時のロング開放時は、開放時の音が違います。
ロング開放の場合は、打ち出しを止めた後、再度玉を数発打ち出してもギリギリSTART電チュー入賞に間に合います。

止め打ち(捻り打ち)のやり方

CRパッションモンスターの電サポ中の止め打ち方法の説明です。

・簡易止め打ち(難易度:レベル1)
①.スルーに玉が通過したら6発打ち出して止める。
②.電チューが閉まると同時に打ち出し開始。
③.以後、簡易止め打ち手順①〜②を繰り返す。
玉の増減:約+0.3個/1回転
※ロング開放1回ワンセット

釘考察

SANKYOからジェイビー製のパチンコ新機種「CRパッションモンスターASJ(甘デジ)」の登場です。

・釘考察
マックスタイプ、ミドルタイプ同様、本機の甘デジタイプも「スルー周り」の釘が全てと言っても過言ではない。

本機は玉がスルー(GO)を通過するとスタート電チュー(所謂ヘソ)が開放し、スルーに玉が通過しない限りはスタート電チューが開放しない。
つまりスルー(GO)が命釘(ヘソ釘)の役割を担っており、スルー周りの釘が閉められるとそれは即ち命釘を閉められる事に等しいのだ。

上記画像の「黄色で囲っている釘」と「黄色の線の幅」がCRパッションモンスター(甘デジ)の全てであり、最重要釘となっているので、この二箇所の釘は最低限必ず見てマイナス調整を避ける台選びをしましょう。

・ゲームフロー
①.7セグ左側にある「GO」(スルー)を玉が通過すると「START電チュー」が開放。START電チューに玉が入賞で7セグの図柄が変動する。
②.7セグに図柄が揃えば大当たり。
③.盤面下部のモンスター役物から発射される玉によってラウンド抽選。
④.盤面右側にあるツインアタッカーが交互に開放するので、右打ちで大当たりラウンドを消化。
⑤.チャンスタイムに突入。再び大当たりを目指す。

※甘デジタイプでは潜伏確変、小当りは搭載していません。

スポンサーリンク

0 コメント:

コメントを投稿