2014年11月28日

11/28/2014
スポンサーリンク

トータル確率算出に役立つ



パチンコの初当たり時の平均総ラウンド数を計算するとトータル確率を計算する場合とても役に立ちます。

初当たり一回あたりの平均総ラウンド数がわかれば大当たりラウンド数ごとのトータル確率が計算できる。

昨今のパチンコ機種は大当りラウンド数に振り分けがあるので、メインラウンドや1Rあたりのトータル確率を計算したほうが効率も良く様々な計算に役立ちます。

スポンサーリンク

今回はパチンコAKB48バラの儀式の「初当たり時の平均総ラウンド数」「大当りラウンド数ごとのトータル確率」を計算してみます。

初当たり時の平均総ラウンド数を計算する場合必要になる数値が「通常時と確変時の出玉ありの大当り振り分け率」「確変継続率」です。パチンコAKB48バラの儀式は確変ではなく正確には時短ですが、MRを確変扱いとします。大当りラウンド数の振り分け率とMR継続率は以下になる。

・通常時
4R確変(出玉なしMR突入):7%
4R確変(MR突入):35%
8R確変(MR突入):3%
SKE RANKUP BONUS大当たり(MR突入):5%(4R:2% 6R:2% 8R:1%)
8R通常(MR非突入):50%

※4R確変(出玉なしMR突入)の7%は出玉なし大当りなので計算には使用しないので除外します。
※SKE RANKUP BONUS大当たりのラウンド数は各振り分けのラウンド数(4R、6R、8R)を足して3で割り「6R」とします。

・MR中
4R確変(MR継続):18%
SKE RANKUP BONUS大当たり(MR継続):7%(4R:1% 6R:1% 8R:1% 10R:1% 15R:3%)
15R確変(MR継続):47%
8R通常(MR非継続):28%

※SKE RANKUP BONUS大当たりのラウンド数は各振り分けのラウンド数(4R、6R、8R、10R、15R)を足して5で割り「8.6R」とします。

・MR継続率:72%
※MR = MUSIC RUSH(ミュージックラッシュ)の略称

それではこの数値を使い計算してみましょう。

使用する計算式

・初当たり単発時の平均ラウンド数

ヘソ入賞時大当り振り分けR数 × 割合 + ヘソ入賞時大当り振り分けR数 × 割合 = ①

・確変時の平均連チャン数

1 ÷(1 - 確変継続率)= ②

・確変突入時の平均ラウンド数

① +(確変時の大当たりR数 × 割合)× ② = ③

・初当たり時の平均総ラウンド数

(① + ③)÷ 2

・大当りラウンド数別トータル確率
初当たり確率 ÷ 初当たり時の平均総ラウンド数 × 基準ラウンド数

計算方法

・初当たり単発時の平均ラウンド数

4 × 0.35 + 8 × 0.03 + 6 × 0.05 + 8 × 0.5 = 5.94

・MR時の平均連チャン数

1 ÷(1 - 0.72)= 3.57142857142857

・MR突入時の平均ラウンド数

5.94 +(4 × 0.18 + 8.6 × 0.07 + 15 × 0.47 + 8 × 0.28)× 3.57142857142857 = 43.84

・初当たり時の平均総ラウンド数

(5.94 + 43.84)÷ 2 = 24.89

・8Rのトータル確率(メインラウンド)

199 ÷ 24.9 × 8 = 63.9357429718876

・1Rあたりのトータル確率

199 ÷ 24.9 × 1 = 7.99196787148594

パチンコAKB48バラの儀式の初当たり時の平均総ラウンド数は「24.9R」となる。

メインラウンドとなる8Rのトータル確率は「1/63.9」となる。

1Rあたりのトータル確率は「1/8.0」となる。

まとめ

このように初当たり時の平均総ラウンド数は各ラウンドのトータル確率を計算するのに役立つが、ボーダーラインを計算する時にも非常に役立つのだ。

ボーダーラインについてはまた次回以降近い内に必ずブログで書きたいとおもう。


スポンサーリンク

0 コメント:

コメントを投稿