2014年12月22日

12/22/2014
スポンサーリンク

はじめに



ザ・リバティーンズ(The Libertines)とは、イギリス・ロンドン出身の4人組ガレージ・ロックバンド。

メンバーは、ボーカル&ギターのピート・ドハーティ、ボーカル&ギターのカール・バラー、ベースのジョン・ハッサール、ドラムのゲイリー・パウエル。

バンドの主導権を握る中心人物は、全ての作曲・作詞を担当しているカール・バラーとピート・ドハーティ。愛称はカール、ピーターと呼ばれている。

スポンサーリンク

THE LIBERTINES 再結成

2002年に1stアルバム「リバティーンズ宣言 (Up The Bracket)」で日本デビュー。
2004年に2ndアルバム「リバティーンズ革命(The Libertines)」をリリースし、以降は活動を休止、解散となった。

その後は、メンバーそれぞれソロ活動を勢力的に展開。ピーターはベイビーシャンブルズ、カールはダーティ・プリティ・シングスというバンドで音楽活動を継続していた。

2010年8月に、一夜限りの再結成を果たし、その後もレディング・フェスティバル等、数回のライブをフルメンバーで行っている。

2014年にはグラストンベリー・フェスティバルでヘッドライナーを務める。

本格的な再結成とも受け取れる、三枚目のニューアルバムの発売に向け現在レコーディング中。

幻の3rdアルバム完成間近

2014年10月22日、Qアウォーズ授賞式にカール・バラー&ゲイリー・パウエルが出席しカールはこう話している。

カール「数日後にピートと合流して、ザ・リバティーンズの本格的な新曲作りに取り掛かるつもり」

それを語っている動画が下のサイトで見れます。
www.qthemusic.com

ザ・リバティーンズのマネージャーは「ザ・リバティーンズがスタジオ入りした」ことを公式発表したそうです。

2014年12月、新たにVirgin/EMI Recordsと契約を交わし、約11年ぶりとなる3rdアルバムのリリースがついに決定した。

フジロック2015予想

2015年、いよいよTHE LIBERTINESの本格的な再結成、再始動、そして3rdアルバムが完成する。
当然、呼びますよね?
来れるか来れないかは別として、フジロックに呼んでくれますよね?
個人的には既にフジロック内定と勝手に妄想しております。

これまでに新宿リキッドルーム公演、SHIBUYA-AX公演、サマソニ公演と観て来ましたが、フジロックという大自然に囲まれた空間で、フルメンバーのザ・リバティーンズを観てみたい。

フジロック2015予想の大本命は、THE LIBERTINES、大穴のBABYMETALで決まりだ。

関連記事
フジロック宿泊先!一人でも予約可能なおすすめベスト5

THE LIBERTINES 代表曲

The Libertines - Up The Bracket


The Libertines - Don't Look Back Into the Sun


まとめ

当時は再結成など絶対にあり得ないとおもった。3rdアルバムなど夢のまた夢のお話。良いバンド程、短命に終わる、そうおもった。

しかし、今度は大丈夫だろう。

入国関係の問題がネックだけど、願わくばFUJIROCKFESTIVAL15で彼等に会いたい。あの時の衝撃を、心躍る音を。

2015年、約11年ぶりとなる3rdアルバムがついに実現しそうだ。

スポンサーリンク

0 コメント:

コメントを投稿