2015年5月30日

5/30/2015
スポンサーリンク

はじめに



パチンコAKB48バラの儀式SweetまゆゆVersionは甘デジではありますが、
技術介入性が高く、止め打ち(Vハズシ打法)による玉増え効果が非常に高いパチンコ機種となっています。

この記事では、止め打ち(Vハズシ打法・V狙い打法)の完全攻略手順と、

止め打ちする際重要となる釘読みポイントを詳しく解説しますので、パチンコ店で遊技する場合は参考に実践してみて下さい。


最終更新日:2017年8月25日

電チュー周りの釘に要注意

パチンコAKB48バラの儀式まゆゆverで止め打ちをして玉を増やす場合、一番重要になってくるのが電チュー周りの釘になります。



・こぼしポイント
紫色の線の幅は、玉が「無駄玉」となるこぼしポイント箇所。
「無駄玉」となるこぼしポイントの幅(紫色の線の幅)が狭い台、或いはノーマル調整の台選びをしましょう。

・こぼしポイントへの誘導釘
紫色で囲っている釘が「電チュー周り」で大事な釘ポイント。
矢印の方向に釘が調整されるとプラス調整となる。真逆の方向に釘が調整されるとマイナス調整となるので気をつけましょう。

スルー周りの釘も大事ですが、電チュー周りの釘がマイナス調整だと打つ価値がなくなるくらい非常に重要です。

無駄玉となる玉のこぼしポイントの隙間が広がってないか、こぼしポイントの隙間に誘導する一本釘が下がってないか、この2箇所を必ず見ましょう。

止め打ち攻略完全版

・Vハズシ打法初級編
①.小デジ(電チュー抽選ランプ)の変動が停止した瞬間打ち出しを止める。
②.液晶演出のキャラの動きに合わせて打ち出し開始。
→ジャンプ演出:キャラが上まで来て動きが止まる瞬間に打ち出し開始。
→追っかけ演出:キャラが追っかけ対象キャラに追い付いて動きが止まる瞬間に打ち出し開始。
③.以後、Vハズシ打法初級編手順①〜②を繰り返す。
玉の増減:微増程度

・Vハズシ打法中級編
①.小デジ(電チュー抽選ランプ)の変動が始まったら1拍置いて4発打つ。
②.液晶演出のキャラの動きに合わせて打ち出し開始。
→ジャンプ演出:キャラが上まで来て動きが止まる瞬間に2発打つ。
→追っかけ演出:キャラが追っかけ対象キャラに追い付いて動きが止まる瞬間に2発打つ。
③.以後、Vハズシ打法中級編手順①〜②を繰り返す。
玉の増減:約+0.3個/1回転

・Vハズシ打法上級編
①.小デジ(電チュー抽選ランプ)の変動が始まったら1拍置いて4発打つ。
②.液晶演出のキャラの動きに合わせて打ち出し開始。
→ジャンプ演出:キャラが上まで来て動きが止まる瞬間にワンツーで2発打つ。
→追っかけ演出:キャラが追っかけ対象キャラに追い付いて動きが止まる瞬間にワンツーで2発打つ。
③.以後、Vハズシ打法上級編手順①〜②を繰り返す。
玉の増減:約+0.5個/1回転

・補足事項
Vハズシ打法中級編、上級編を実践する場合、スルー保留が枯れそうな場合は、
①の打ち出しタイミングを少し早めて5発打ちに変えると良いです。

V狙い打法のやり方

・注意点
MUSIC RUSHが50回を超えてもV入賞しない場合、パンクする恐れがあるので必ず「V狙い打法」に切り替えてV入賞させましょう。

・V狙い打法初級編
①.小デジ(電チュー抽選ランプ)の変動が停止した瞬間打ち出しを止める。
②.液晶演出のキャラの動きに合わせて打ち出し開始。
→ジャンプ演出:キャラが飛び上がるのと同時に打ち出し開始。
→追っかけ演出:キャラが加速するのと同時に打ち出し開始。

・V狙い打法中級編
①.小デジ(電チュー抽選ランプ)の変動が始まったら1拍置いて4発打つ。
②.液晶演出のキャラの動きに合わせて打ち出し開始。
→ジャンプ演出:キャラが飛び上がるのと同時に打ち出し開始。
→追っかけ演出:キャラが加速するのと同時に打ち出し開始。

止め打ち考察

スルー周りの釘と電チュー周りの釘が良ければ、玉増え効果はそれなりに見込めます。

MUSIC RUSH一回あたりの玉増え効果はパチンコAKB48バラの儀式ライトミドルverより劣りますが、

まゆゆverは甘デジの為、電サポ比率がライトミドルより高く、総合的な玉増え効果はパチンコAKB48バラの儀式まゆゆverのが高いです。

2015年の甘デジ機種でトップレベルに甘く、勝てる機種となっています。

スポンサーリンク

0 コメント:

コメントを投稿