2016年3月8日

3/08/2016
スポンサーリンク

はじめに



日常生活を送っていると急な出費に見舞われる事も多々あります。

今回の記事ではお金がないときの対処法を厳選して5つご紹介したいとおもいます。

実際に利用しなくても知っておいて損はない対処法ばかりですので、いざという時には是非参考にしてみて下さい。

1.ソフトバンクまとめて支払いを利用する

ソフトバンクまとめて支払いとは、スマートフォンやパソコン等で購入したデジタルコンテンツやショッピングなどの代金、
Google play上のアプリケーションなどの購入代金を月々の携帯電話の料金と一緒に支払いできるサービスです。

簡単に説明すると、携帯やスマートフォンを使い利用限度額の範囲内でインターネットショッピングなどを利用することができるサービスです。

利用限度額は携帯料金の支払い状況、契約期間などを考慮して携帯会社側が決めています。

使用した代金は携帯電話の料金とまとめて請求されますので、後払いの感覚でネットショッピングなどを利用できます。

私も最近までこのようなサービスがある事自体知りませんでしたので、意外と知らなかった人もいるのではないでしょうか?

肝心の利用限度額は人それぞれ違うようで、携帯電話料金を延滞した事がある人などは3000円〜10000円、延滞せず毎月決められた日に支払いをしている人は最高10万円〜平均3万円の利用ができます。

詳しい利用方法と利用限度額などは、
My SoftBankの管理画面から確認することができますので確認してみて下さい。

但し、ネットショッピングできるサイトも限られていて、
有名どころだとYahooショッピングDeNAショッピングなどを利用することができます。

これらのショッピングサイトでは食料品や飲料水、ゲームソフトや家電製品などあらゆる商品をまとめて支払いで購入することができます。

お金がないときの対処法としては、Yahooショッピングでゲームソフトなどを購入し、飽きたらそのゲームソフトを売るなどして一時的にお金にすることも可能です。

◆ご利用条件
・毎月のお支払いに滞りがないこと

・「ソフトバンクまとめて支払い」のご利用可能額に達していないこと

・ご利用制限の設定をされていないこと

・購入の際にお客さま情報の連携に同意いただけること

またソフトバンクと同様の機能がdocomo、auにも存在します。

docomoの場合は「ドコモケータイ払い」というサービスで、
auの場合は「まとめてau支払い」というサービスであります。

各携帯会社の管理画面でチェックしてみて下さい。

2.日払いのアルバイトをする

お金がないときの対処法として現実的かつおすすめなのが、日払いのバイト前給制度のある企業でのアルバイトです。

日払いのバイトだと職種が限定的になりますが、全国各地にあるのが引っ越し屋のバイトです。できるだけ大手の引っ越し屋を選んだほうが仕事面や給料面も安心かとおもわれます。

その他だと荷物の仕分け作業派遣登録での日払いが主になるかとおもいます。

但し、派遣の場合は登録が必要だったり希望の仕事になかなかたどり着けないケースもあるので個人的にはあまりおすすめしません。

他にもコンサート会場の設営のバイト、バスの乗客数を数えるバイトなんかもたまに募集してます。

日払いのバイト探しのコツは、求人サイトを毎日チェックすること。

毎日チェックしてると思いがけない良質な日払いのバイト募集(肉体労働系に限らず飲食店など)をしてる事も結構ありますよ。

諦めずに求人サイトを毎日チェックすることをおすすめします。

3.前給制度のあるアルバイトをする

前給制度とは、実際に働いた分の給料の50%程度(会社によってパーセンテージは変わります)を前払いしてくれる制度です。

ちなみに残りは給料日に支払われます。

前給制度を導入してる企業は意外と多く、
有名どころだとマクドナルド、ガスト、デニーズ、松屋、ピザーラ、ドミノピザ、幸楽苑、居酒屋チェーン店の和民や笑笑、パチンコチェーン店のマルハンやガイアなども前給制度があります。

もちろんこれらの企業以外にも沢山の企業が導入しており、平成27年度には550社を突破しています。

基本的にはスマートフォンや携帯電話で前給制度の申請をするので、店長や責任者に嫌な顔をされる事もありません。

寧ろ、前給制度を売りにしてスタッフの人材確保・定着率のアップを実現してる節もあるので恥ずかしがる必要性は全くありません。

平成27年度では73万人がこの制度を利用しています。

◆前給制度の申込方法
1.勤め先の会社で加入手続きをする。

前給の契約書に記入・捺印をして会社に提出をしましょう。契約書は店長か責任者に言えば貰えます。

2.前給のサイトにアクセスする。
https://www.maeq.jp

3.前給ログイン画面にて企業コード、利用者コード、パスワードを入力。

企業コードは会社専用の10桁の番号。
利用者コードは会社から指定された社員コード等の番号。
パスワードは初回は給料受取口座の口座番号を入力する。

4.メニュー画面が表示されます。

「前給利用申込」を選択します。

5.申込金額を入力します。

申込金額を入力し確認画面で申込内容を確認後OKボタンを押します。

6.受付完了画面が出れば申込完了となります。

ここに振込日なども明記されます。

一回の申請で実際に勤務した給料の50%前後、最大3万円程度までを、月に3回(最大9万円程度)まで申請できます。

支払い方法は指定口座に翌営業日、または翌々営業日に振り込まれます。

前給制度の活用は個人的に一番おすすめするお金がないときの対処法です。

4.クレジットカードを利用する

クレジットカードは説明不要の買い物に便利なカードですよね。

基本的には無利息の一括払いで買い物をする事が圧倒的に多いかとおもいますが、
一括で支払いできそうにない時などは「リボ払い」を選択すると毎月2000円程度の支払いで済みます。

お金に余裕ができたらいつでも残額を一括払いで支払う事も可能なので、お金に余裕がないときなどはリボ払いで買い物をすると便利です。

お金がないときの対処法としては、クレジットカードでゲームソフトなどを購入し飽きたら売る。
これで一時的に数万円のお金を得ることも可能となります。

新作のゲームソフトなどは買取価格も割と高いので、数本売れば一万円程度にはなりますよ。

5.消費者金融でお金を借りる

お金がないときの対処法として最終手段は消費者金融での融資を受けるです。

消費者金融と聞くと怖いイメージを抱く人もいるかとおもいますが、昔と違って今は割とクリーンな世界ですね。

確かにヤミ金は違法の金利で貸付したり取り立ても酷いというのは周知の事実。
どんなに金銭的に厳しくても決してヤミ金だけには手を出してはいけません。

万が一手を出してしまったら抱え込まず早急に法律事務所に相談しましょう。必ず解決します。

大手企業のプロミス、アコム、アイフル、レイク、モビットなんかで融資を受ける際は全く心配いりません。

クレジットカードでキャッシングするのと大差はなく、毎月決められた金額を返済していれば完済できます。
まとまったお金が用意できた時は一括返済もできます。

目安としては、
30万円の借入だと毎月支払う金額は3000円〜5000円程度、50万円の借入だと7000円〜10000円程度です。

アルバイトでも良いので安定した収入があれば決して厳しいものではありません。

また、上記の大手消費者金融であれば、万が一支払いを延滞してしまっても家に取り立てが来るようなこともありません。

また大手消費者金融のプロミスやレイクなどは、「30日間無利息」のサービスもやっているのでノーリスクで借入する事も可能です。

例えば、4月1日に借入した場合、そこから30日間以内に全額返済すれば利息は0円となります。

給料日前の急な出費(結婚式や旅行など)で少額の5万円だけ借りたい場合などにはとても有難いサービスです。

消費者金融は決して怖いものではなく、計画的に借入と返済をしていれば私生活に悪影響を及ぼすことは一切ありません。

最終手段として選択肢のひとつに考えてみるのも決して悪くはないとおもいます。

スポンサーリンク

0 コメント:

コメントを投稿