2016年6月12日

6/12/2016
スポンサーリンク

はじめに



アイドルや声優など歌い手のライブで欠かすことの出来ない必需品がサイリウムとペンライトです。

・ラブライブで定評の高い商品である事
・高品質である事
・私が長期間使用して納得した製品である事

以上の3点を選定基準として、
初心者が絶対に納得のできるおすすめのサイリウムとペンライトをご紹介します。


最終更新日:2017年8月24日

サイリウムとペンライトの違いとは?

◆サイリウム
・折る事で筒内部の液体が化学反応し発光する棒の総称。発光時間は1回1分〜10分程度で1回使い捨て。
・サイリウム(サイリューム)と言う呼称は大手販売メーカーが出されている商品名(商標)で、定義としては「ケミカルライト」と呼ぶのが正しい。

◆ペンライト
・電池式の同様の光る棒の総称。ヲタ棒、光る棒、甘え棒とも呼ばれている。
・電池式なので電池を交換すれば何度でも使用可能。

◆販売場所
Amazon、ドンキホーテ、東急ハンズ、ロフト、秋葉原等のアニメ、アイドルショップなどで取り扱いされている。

◆金額
サイリウム:100円〜250円程度
ペンライト:600円〜2500円程度
両方ともダイソーなどの100円ショップ(100均)でも取り扱いされています。

◆UO
UOとは通称「ウルトラオレンジ」の略称で、激しくオレンジ色に光るサイリウム(発光時間1分〜3分程)の総称になります。

知っておくと便利な用語

◆バルログ
片手4本(両手8本)のサイリウムを指と指の間に挟む行為。バルログに似ている事から命名された。

◆追い炊き
最後のサビに突入する前に折り直す行為。UOなどで最大光量を維持するために次々と炊くこと。

ルミカライト大閃光アーク(通常サイリウム)


◆詳細
ラブライブやアイマスのコンサートの定番サイリウム「ルミカライト大閃光アーク」のお買得パック。カラーは全10色(上記以外にパステルブルー、ディープブルー、紫、ピンク、赤、黄色、青、緑、ホワイトもある)

25本入りで一枚のアルミ袋に入ってます。チャックを閉めて長期間保存が可能となっている。

◆感想
・発光時間は10分前後(1曲には十分)
・一番人気のオレンジ色は1本あたり100円未満とダイソーなどの100均よりも安い!
・満足の行く光量で文句なし
・折る際は両手でしっかりと
・袋の開口が広く手を入れやすい
・普段は電池式の甘え棒(ペンライト)で、推し曲の時や全力でぶっ放したい時はこれで決まり!

ルミカライト大閃光アーク「極(きわみ)」オレンジ(UOサイリウム)


◆詳細
25本入りパック限定の「極(きわみ)」オレンジは、超高輝度のウルトラオレンジ(通称:UO)のサイリウム。超短時間型のサイリウムで、ここぞという場面で使うことが一般的です。飛行機にも持ち込み可能。

◆感想
・発光時間は1分〜1分30秒と超短い
・UO史上最高の明るさ(眩しい!)
・追い炊きに最適
・アンプルは折れやすいので注意
・追い炊きしない人は通常の大閃光アークがおすすめ!

キングブレードX10II シャイニング(電池式ペンライト)


◆詳細
ペンライトの王様。Amazonベストセラー1位商品。充実の15色。高輝度カラーチェンジペンライト。リバーススイッチ搭載。メモリー機能搭載により色順・色数自由自在にカスタマイズ可能。連続点灯約3〜10時間(使用状況により異なる)

◆感想
・一番定評の高いキンブレのペンライト
・電池はボタン電池でなく単4電池を使用するので発色が断然良い
・色の違いもはっきりしていて綺麗
・軽量で持ちやすいのでガンガン振れる
・電池式ペンライトを購入するなら迷わずこれで決まり!

まとめ

サイリウムは短命のため一回のライブで数十本使用することも多々あります。予備に多く持っていても絶対損はありません。

ペンライトは全メーカーの中でキンブレの商品が間違いなく至高です。
シャイニングとスモークの二種類が存在しますが、結論から言うと本製品のシャイニングが一番おすすめです。キラキラ感がずば抜けて違います。

ラブライブやアイマスやももクロやAKB48のライブにも是非利用してみて下さい!

スポンサーリンク

0 コメント:

コメントを投稿