2016年8月21日

8/21/2016
スポンサーリンク

はじめに



最近再び洋楽を沢山聴くようになりました。昔は洋楽専門誌『rockin'on』や『Snoozer』を毎月購入していたくらい本当に大好きで、20代前半の頃にはフジロックやサマソニにも毎年参加していましたね。

当時は「リバイバルブーム」という言葉が流行り、日本でもUKやUSのガレージロックが大流行。中でもリバティーンズやストロークスは別格に人気があり、ホワイトストライプスやコーラル、ムーニースズキなんかも大好きで良く聴いていました。

そこでこの記事では、リバイバルブームの火付け役となったイギリスが誇るザ・リバティーンズ(The Libertines)のおすすめ名曲10選を、UKロックが三度の飯より大好きな私がランキング形式でご紹介します。

メンバー

◆ピート・ドハーティ
担当:ボーカル&ギター

◆カール・バラー
担当:ボーカル&ギター

◆ジョン・ハッサール
担当:ベース

◆ゲイリー・パウエル
担当:ドラム

◆公式ウェブサイト
THE LIBERTINES公式

ディスコグラフィ

◆アルバム
【2002年発売】
・リバティーンズ宣言(Up The Bracket)
収録曲
01.Vertigo
02.Death On The Stairs
03.Horrorshow
04.Time For Heroes
05.Boys In The Band
06.Radio America
07.Up The Bracket
08.Tell The King
09.The Boy Looked At Johnny
10.Begging
11.The Good Old Days
12.I Get Along
13.What A Waster
14.Mocking Bird

【2004年発売】
・リバティーンズ革命(The Libertines)
収録曲
01.Can't Stand Me Now
02.Last Post On The Bugle
03.Don't Be Shy
04.The Man Who Would Be King
05.Music When The Lights Go Out
06.Narcissist
07.The Ha Ha Wall
08.Arbeit Macht Frei
09.Campaign Of Hate
10.What Katie Did
11.Tomblands
12.The Saga
13.Road To Ruin
14.What Became Of The Likely Lads

【2007年発売】
・ベスト・オブ・ザ・リバティーンズ〜TIME FOR HEROES(Time for Heroes - The Best of The Libertines)
収録曲
01.Up the Bracket
02.Time For Heroes
03.Mayday
04.Don't Look Back Into the Sun
05.Tell the King
06.What Katie Did
07.Can't Stand Me Now
08.What a Waster
09.The Delaney
10.Boys In the Band
11.Death On the Stairs
12.I Get Along
13.What Became Of the Likely Lads

【2015年発売】
・リバティーンズ再臨(Anthems for Doomed Youth)
収録曲
01.Barbarians
02.Gunga Din
03.Fame and Fortune
04.Anthem for Doomed Youth
05.Heart of the Matter
06.Belly of the Beast
07.Iceman
08.You’re My Waterloo
09.Fury of Chonburi
10.The Milkman’s Horse
11.Glasgow Coma Scale Blues
12.Dead For Love

◆シングル&ミニアルバム
【2002年発売】
・ホワット・ア・ウェイスター(What A Waster)
収録曲
01.What A Waster
02.I Get Along
03.Mayday

・アップ・ザ・ブラケット(Up The Bracket)
収録曲
01.Up The Bracket
02.Boys In The Band
03.Skag and Bone Man

【2003年発売】
・タイム・フォー・ヒーローズ(Time For Heroes)
収録曲(日本限定盤)
01.Time For Heroes
02.I Get Along(ORIGINAL VERSION)
03.The Delaney
04.May Day
05.Skag And Bone Man
06.Bangkok(DEMO)
※〈CDエクストラ 内容:Time For Heroes(VIDEO)〉

・ドント・ルック・バック・イントゥ・ザ・サン(Don't Look Back Into The Sun)
収録曲(日本限定盤)
01.Don't Look Back Into the Sun
02.Death On The Stairs(NEW RECORDING)
03.Skint And Minted(DEMO)
04.General Smuts(DEMO)
05.Mr. Finnegan(DEMO)
06.The 7 Deadly Sins(DEMO)
07.Plan A

【2004年発売】
・キャント・スタンド・ミー・ナウ(Can't Stand Me Now)
収録曲
01.Can't Stand Me Now
02.Never Never

・ホワット・ビケイム・オブ・ザ・ライクリー・ラッズ(What Became Of The Likely Lads)
収録曲(日本限定盤)
01.What Became Of The Likely Lads(Single Mix)
02.All At Sea
03.Never Never
04.(I’ve Got)Sweets
05.Boys In The Band(live)
06.Time For Heroes(live)
※〈プロモーションビデオ「What Became Of The Likely Lads」/CDエクストラ〉

おすすめ名曲10選

◆第10位
Gunga Din


◆第09位
Boys In the Band

◆第08位
The Man Who Would Be King

◆第07位
Don't Look Back Into the Sun


◆第06位
Time For Heroes


◆第05位
The Delaney

◆第04位
What Katie Did

◆第03位
Can't Stand Me Now


◆第02位
Tell The King

◆第01位
Death on the Stairs

◆感想&レビュー
個人的第2位のTell The Kingは、カールが歌う泣きメロにやられます。
日本人が大好きなコード展開で、バラードではないけど、どこか懐かしさを覚えるある意味泣ける楽曲。何回聴いても飽きません。

個人的第1位のDeath on the Stairsは、イントロのギターリフから一発K.O。
楽曲は疾走感あるガレージロックであるけど、歌のメロディーラインにはリバティーンズの色と哀愁があり、聴いていると心が躍ります。ピーターとカールが交互に歌うのも印象的。名曲中の名曲。文句なしに一番おすすめできる楽曲です。

まとめ

人気絶頂期の最中、2004年に解散し、2010に再結成を果たしたザ・リバティーンズ。

記憶が確かなら新宿リキッドルームが初来日公演だったかな!?勿論、観に行きましたよ!この時はピーターも居て、演奏は荒々しく決して上手いとは言い難いけど、その荒々しさがパンクでありロックだなーとつくづく思います。

2015年9月には待望の3rdアルバム『リバティーンズ再臨(Anthems for Doomed Youth)』を発売し完全復活を遂げたリバティーンズの今後にも大注目です。


スポンサーリンク

0 コメント:

コメントを投稿