2016年10月21日

10/21/2016
スポンサーリンク

はじめに



iPhoneを長期間使用していると充電の減りが速くなったり、充電自体ができなくなることもある。これらの要因はiPhoneのバッテリーの寿命でありバッテリーを交換することで解消できます。

そこでこの記事では、バッテリーを交換する際あると便利なおすすめの工具と、厳選して選んだiPhone6S/6/5S/5/4Sの各バッテリーをご紹介します。

バッテリー交換に便利な工具セット


◆特徴
iPhoneのバッテリ交換やパネル修理に必要な工具が全てセットになっています。この手のセット商品は他社からも多数市販されていますが、本製品はAmazonベストセラー1位商品でもあり、結論から言えばこの製品が一番おすすめです。

◆対応デバイス
Apple iPhone4/4S/5/5C/5S/6/6Plus (GSM/CDMA)/6S/iPad4/3/2/Mini, iPods, 及び他のデバイスに適用

◆実際に使用した感想
・他社製品より工具の先端が変形しにくい
・吸盤の吸着力は文句なし
・安価な製品の中では迷わずこれで決まり

◆実際に使用した工具
iPhone5,5S,6の交換作業で実際に使用する工具は、緑色の極小プラスドライバー、吸盤、バッテリーコネクターカバーを外す青色の棒、そして黒色のヘラの4点で足りるかと思います。

赤色の星形ドライバーは0.8mmなので、iPhoneの機種によってはサイズが合わないと思います。その場合、0.9mmの緑色の極小プラスドライバーで対応できます。参考にしてみて下さい。

iPhone4S専用バッテリー


安心なDIGIFORCE社のバッテリー。
iPhone4Sのバッテリー交換ならこれで決まり!

iPhone5専用バッテリー


iPhone5のバッテリー交換ならこれで決まり!

iPhone5S専用バッテリー


iPhone5Sのバッテリー交換ならこれで決まり!

iPhone6専用バッテリー


実際に購入して使用済み
iPhone6のバッテリー交換ならこれで決まり!

iPhone6S専用バッテリー


安心のDIGIFORCE社のバッテリー。
iPhone6Sのバッテリー交換ならこれで決まり!

まとめ

iPhoneのバッテリーは自分で交換すると経済的に安く済むというメリットがある。最新機種を除けば工具とバッテリー込みで3000円程度です。

そしてiPhoneは急に充電できなくなることもあるので、いざという時のために工具やバッテリーを準備しておけばいつでも交換できるので安心感もありますよね。

バッテリー交換する際の詳しいやり方や手順は、YouTubeにそれ関係の動画が沢山あがってるので事前に見てから実行すると良いです。iPhoneの機種ごとでやり方も若干違いますので。

その際、忘れそうな必要手順などはメモしておくことをおすすめします。

動画を見てもバッテリー交換のやり方がイマイチ分からない人、自信のない人は無難にアップルストアーやiPhone修理店にお願いしましょう。

スポンサーリンク

0 コメント:

コメントを投稿